変わり野菜『コールラビ』を使って

『コールラビのシチュー』
image2523.png



コールラビ
resize2526.jpg
コールラビはアブラナ科の越年草で原産地は地中海北部
語源はドイツ語なんだそうで
こむずかしい説明は👉検索を
キャベツ+カブみたいな感じです

JAのお店で見つけました。
目新しいものはブログネタにと 迷わず購入

袋に貼ってある説明を見ると
生でサラダなどにするとサクサクした歯ごたえと甘み
煮物にすると荷崩れしにくく
違った食感が楽しめます だって

皮は厚めに剥いてくださいと書いてある
ん~~~ この程度だろうか??
resize2527.jpg


とりあえず サラダにしてみました
resize2530.jpg

resize2528.jpg
食感は大根とリンゴの中間
甘みは確かにあります


カブはホワイト仕立てというより
含め煮やポトフ向き
image2525.png



コールラビは洋風料理にとても合いますね
あ~~~ もともと地中海産でした






失敗しないホワイトシチューの作り方

適当な大きさに切った鶏もも身を熱したフライパンに入れ
両面に焦げ目をつけます。
20120202_172921_convert_20120203112115.jpg

圧力鍋に水300ml、適当な大きさに切ったニンジン1本
半分に切った玉ねぎ2個、鶏もも身、ローリエ
粗挽き胡椒を入れて 2分加圧し
※急冷させて圧力を抜き
※お持ちの圧力鍋の説明をご覧ください


蓋をあけてアクや脂を取り除いて
切り分けたジャガイモ2個
4つに切ったコールラビを入れて1分加圧し
自然に冷まします。
 


≪ホワイトルーを作ります≫

20120202_172849_convert_20120203112049.jpg
鍋に大さじ3のオリーブオイルと小麦粉大さじ5を入れ
粉っぽさがなくなるまでよく混ぜたら、
牛乳600mlを少しずつ加えながら伸ばします
この時 泡だて器を使うとだまになりにくいです

resize2529.jpg
圧力鍋の煮汁を別鍋に移して火にかけ
固形コンソメ3個入をれて溶けたら
20120202_115302_convert_20120203112028.jpg
ホワイトルーをこし器でこしながら入れ
圧力鍋の具材を入れてやさしく混ぜます。
好みのとろみになるように
水か牛乳で調整してください。

生クリーム約100mlを入れて塩で味を調え
5~6分煮込み ます。
  

もたれない やさしい味わいとコクのシチューです 
一度お試しください





関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する