『だし巻き卵』

『だし巻き卵』
cmanjp_20160801152719.jpeg

おかずとしてもおつまみとしても定番のメニュー
出来上がったものも出回ってるので
もう一品欲しいときは手軽ですが

たまには

作ってみませんか 卵の賞味期限が切れそう!!
ってな時にでも (笑)

MI♪が思う
だし巻き卵を作るときに最も重要なポイント!!
味は付けはもちろんですが
1にも2にもフライパン
最近 薄焼き卵をフッと飛ばしてるCMありますね
それは大袈裟としても
卵はたんぱく質そのものなのでくっつきやすい
だし巻き作ってもがじがじとくっついて
きれいに出来ないから・・・と
ならないように
吟味してお選びください
それと、大きさがちょうどいいので
ついついちょこっと使いに利用しがち
お弁当のウィンナー焼いたりね(笑) 
これも厳禁です!!
卵だけ焼いてあげてください








  

卵         4個
だし汁       70ml
だし醤油      大さじ1
塩         小さじ1/2
砂糖        大さじ1
醤油        小さじ1
※みりんを入れる場合もありますがMI♪は糖尿病のため  
 みりんは使いません  
 砂糖はラカントを使用



だし汁は70mlの水にだしの素を溶くなどやりやすいように

MI♪はレンジにかけられる容器に100mlの水を入れ
その中に少しの昆布とお茶パックに入れた鰹節を浸けておき
昆布が少しふやけたら500Wで1分レンジにかけて冷まします。
だしの素の買い置きがないので
だしをちょこっと使うときはこればっかりです



卵4個を塩を入れてよく溶きほぐし、だし醤油、砂糖、醤油を入れ
だし汁を少しずつ入れながら混ぜます。
大きく見る


エッグパンを中火で十分熱したらキッチンペーパーに染み込ませた油を
箸で全体になじませ卵液を流し入れます
量は 1cmの厚さぐらい
大きく見る

①すばやくかき混ぜオムレツを作る要領でふわふわを作ります

②卵がまだ半煮えの時にフライ返しで手前に寄せ
奥に油をなじませたら卵を油を引いた方に移動させて
手前にも油をひきます
大きく見る  大きく見る



③また1㎝の厚さくらい卵液を入れ、卵の下も箸で持ち上げて
液を流し入れ、かき混ぜてふわふわを作ります

④卵が半煮えの時にフライ返しや箸で手前に巻いていきます
大きく見る ➡   大きく見る

卵を手前に寄せたら②~④の工程を卵液がなくなるまで
繰り返します  
大きく見る



火を弱火にして卵を回転させながら全体を焼き
中に火を通します
大きく見る  ➡   大きく見る
 

全体に程よい焼き色がついたらすのこにあげ
きっちりと巻き、完全に冷えるまで置いておきます
大きく見る    大きく見る

少々形が悪くても余熱とすのこパワーで
きれいに!!
大きく見る

余熱があるうちにすのこできっちり巻くことで中が固まり
切り口もしっとりと密度のあるだし巻き卵が出来上がります
大きく見る






関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する