brand new day 

ぶらん・にゅう・でぃ(真新しい日)母の味を娘達に残すために…そして日々の徒然♡♡♡

『アップル・パイ』

2013
12
アップルケーキをかなり作ったので(相当作りましたね^_^;) パイを作りたくなりました。
パイ生地を作るとなると手間ですが、市販のものを利用するとチョチョイのチョイですから!!


愛知県にいる長女が めでたく懐妊 10月下旬に出産予定です

まぁまぁ 長男の双子ちゃんに次いで わたくしめも 秋には3人目のおばあちゃんですわ(*^^)v

長女が里帰り出産を希望してる産院は 私が長女を出産した病院
その頃から評判がよかったのですが 今は超人気のようで
受診に2時間待ちは当たり前
里帰り出産も枠が決まってるようで 早めに予約しないと埋まってしまうそうな

それで先日予約と受診のために帰省しました。
予約できてやれやれです(*^_^*)

お腹がすくと気分が悪くなると言うので
帰りの新幹線のなかで、すぐ食べられるように作りました。

長女はシナモンが苦手なので、 長女の分のリンゴはシナモン抜きで作りました。



『アップル・パイ』

熱々も美味しい♪





【材料】
(4~6人分)

≪アップルプレザーブ用≫

リンゴ            4個
レモン汁           6
砂糖             140㌘
シナモン           1,1/2
ナツメグ           少々
あれば
フルーツブランデー(アップル)大さじ3
ブランデーでも可
コーンスターチ        1
水50CC
パイシート(市販のもの)   4枚
小麦粉  (打ち粉用)    適量
卵              1/2個


【作り方】

≪アップルプレザーブの作り方≫

リンゴをたてに8等分に切り分け皮と芯をとったら、分量の調味料を入れて蓋をしたら中火にかけます。
リンゴから水分が上がってきたら弱火にして、へらで混ぜながら煮含めます。
 

周りがあめ色に透き通ってきたら、水で溶いたコーンスターチを回し入れ、リンゴが壊れないように
鍋をゆすってとろみをつけます。
 




パイシートは市販のものを使うと超簡単 今はピケ入り(ふくらみを均一にするための空気穴)がありますしね(*^^)v



袋から取り出し、シートをつけたまま15分ほど常温に置いて解凍します。



打ち粉をふったプレートにパイシートを置き、同じく打ち粉をふった麺棒で伸ばしていきます。
蓋になる方は大きめに伸ばしましょう。



こんな感じ(*^_^*) 私はリンゴ2個分のアップルプレザーブをのせるつもりなので
大きめに伸ばしましたよ!!




底の方はこの程度でよいでしょう


原型  底  蓋
まぁ こんなかんじでしょうか


長女に持たせた分は、これを4つに切って小さめに作りましたよ。


ふたの部分に切込みを入れます
周りの綴じ付けるための余白は残しておきましょう


天板にクッキングシートをひき、パイシートの底をのせたらアップルプレザーブをのせていきます
とじつけるための余白は十分に残しておかないとくっつかなくなってパンクしますよ^_^;
周りに溶き卵に水を大さじ2程度入れて薄めたものをノリ代わりにはけで塗ります。




ふたを底の周りに合わせるようにのせていき



フォークで周りをとじつけます



溶き卵をはけで全体に塗りますが、側面も塗り忘れないようにしましょう。



200度で温めておいたオーブンで
200度で15分~20分
170度で10分
160度で15~20分(焼き色の様子を見て焦げ目が十分についていたらアルミホイルをかぶせます)
※機種によって焼き加減が違うので説明書をご参考ください










いつもありがとうございます♪





人気ブログランキングへブログランキングNo.1へ
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment