brand new day 

ぶらん・にゅう・でぃ(真新しい日)母の味を娘達に残すために…そして日々の徒然♡♡♡

今年の『おせち料理』をご紹介

2013
09
七草粥も終え 鏡開きで暮れ・正月からの一通りの習わしごとが終わりますね。

昨年のおせちは急きょ作ることになり、慌てましたが
http://memory1216.blog70.fc2.com/blog-entry-282.html
今回はリフォームの終えた、新しいリビングに家族が集まることになっていたので
29日からゆっくりと準備しました。

正月休みのない長男夫婦が来れなかったのが残念ですが
仕事なので仕方ありませんね(>_<)


嫁に行った二人の娘たちは、嫁ぎ先のご実家で年始を迎えます。
だから、みんなが揃うのは元日の夕飯時
同じようなもの2度食べるのもなぁ と思っていたし
ツレはいわゆる 昔ながらのおせちは好きではありません。

考える時間がたっぷりあったので、今年は初めてのものに挑戦してみました。
おせちに限らず おもてなし料理として使えるのではないかと思います。








『一の重』
クリックで拡大
田作り 数の子 黒豆 昆布巻き 伊達巻 祝い蒲鉾





『二の重』
クリックで拡大
鮪角煮 だし巻き卵 松風





『三の重』
クリックで拡大
いり鶏





『与の重』
クリックで拡大
紅白なます 菊花蕪 千枚漬け 春雨の中華風 ポテトサラダ 枝豆





『海老クリームコロッケ』
cmanjp_20130109155100.jpeg





『煮豚』
クリックで拡大





『鮭のテリーヌ』&『タコのエスカルゴ風』
クリックで拡大





『三種肴』&『雑煮』
これははずせません





『お刺身』


刺身は気持ちだけにしました


・・・・なぜなら

ツレが 職場の友人に紹介していただき、北海道直産お取り寄せ
毛蟹・タラバをこの日のために準備していたからです!!









IMG_8143_convert_20130109171156.jpg



私の料理が かすんでしまうほど 蟹の存在感はずば抜けており 美味かったですね!!




このレシピは少しずつ載せたいと思います(*^^)v
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment