brand new day 

ぶらん・にゅう・でぃ(真新しい日)母の味を娘達に残すために…そして日々の徒然♡♡♡

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハトシ』と『かんころ餅』③

2012
06
admi42.gif
大小さまざまな島とともに構成されている長崎県
その中に西海国立公園に指定された 中通島、若松島、奈留島、久賀島、福江島の五つの大きな島を中心に、約140の島で成り立つ五島列島。



この五島の名産品に、私が愛してやまない五島うどんというのがあります。
http://www.umaiudon.com/
うどんを切って成形するのではなく、二本の棒に八の字にひねりをかけて伸ばしていくやり方なので
麺が細く丸いのです!
そして麺を熟成させる工程の時、麺生地同士がくっつかないように植物油とともに自生の椿油を使っているのが大きな特徴なんですね のど越しは絶品です


もう一品おすすめが かんころもち
もち米が貴重品だった昭和の初期に 先人たちの工夫で考え出された食べ物です。

サツマイモを薄切りにしてから蒸し(生のまま干すやり方もあるようですが)天日でカラカラになるまで干します。これをかんころと呼ぶのですよ(*^^)
蒸し器に、水に浸けて戻しておいたかんころと一晩水に浸けておいたもち米を入れて蒸し(芋8:もち米2)
蒸し上がったもの混ぜたら ミンチを作る機械にかけ かまぼこ型に成形されます。


芋でもなく 餅でもない 食感と素朴な甘さが食べるごとにあとを引きます。
本当は 真空のものではなくできたてが最高なんですがね^_^;
IMG_4993_convert_20120305092906.jpg


『かんころもち』
そのままでもいただけますが、ちょっとあぶるのがいいんですよ
IMG_4994_convert_20120306085737.jpg


今回 4日の日曜日に久々の長崎街めぐりをしながら、長崎土産をわんさか買って帰る予定だったのです
真空になってないかんころもち 五島うどん 長崎では「かんぼこ」と親しまれている魚のすり身の天ぷら
福砂屋のカステラ(もちろん 本店で購入し写真も撮る予定) 長崎にしか売っていないメーカーのチャンポンセット・・・・・・

ところが、思いもよらぬサプライズで4日は12時からある小学校のクラス会に出席
そのあと話が尽きないので喫茶店で長々話
長崎駅の土産店で買おう!と考えていたら、福岡方面に帰る人からビールでも飲みながら一緒に帰ろう!
と誘われ 土産が買えない小さい駅で乗車することに^_^;

名産品はお取り寄せできるけど 学友とのこの時間は いまだけ
というわけで3日に 同窓会前に会った友人が買ってくれた かんころもちだけがお土産になりました。
でも 遠い昔 ピュアだったころの時間にもどれて幸せでした。 
関連記事
スポンサーサイト

- 2 Comments

MISERY♪  

Re: 学友>名産品 まさにですね(*^_^*)

芽キャベツは、特に美味しいと言うわけでもないのですが 
年中あるものでもないし、みるとかわいらしいので買いたくなります。

私も鉄のフライパンより油の要らないテフロンの方を使いますね
ヘルシーに作りたいですものね

鍋はステンレスのものを使用していますが、かれこれ25年になりますか

2012/03/06 (Tue) 23:15 | EDIT | REPLY |   

サキユキ  

学友>名産品

芽キャベツ、家では使ったことがないです、
シチューを煮込んでいるのは深さのある万能パンですか、
アルミのように見えますが、コックさんが使っていそうですね、
鉄の炒めフライパンを買いましたが、テフロンを使ってしまいます。
出来上がりで美味しさが見えます、フォトにUPされたらいいのに、
ハトシはお菓子か惣菜か、郊外で食べたいですね^^
物産展で見かけそうな「かんころもち」芋系は気になります、
五島うどんの麺の太さ、ツヤ、好きなかんじです^^
健康な今、良いものを食べたいと思います。
 

2012/03/06 (Tue) 13:41 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。